クライアントを元気づける技術とその方法(その5)

当コラムではアメリカのオーガナイザーによるレポートを紹介しています。


現在のテーマは「クライアントを元気づけ、安心させる技術」。

片づけ現場で、クライアントと信頼関係を築き上げるのに役立つ技術です 。

アリゾナ州ツーソンで、「クラター・バスター」として活躍する、
パム・ロウシャーさんのコラム。


前回はロウシャーさんによる、クライアントを元気づけるためのメソッド
「 ABCアプローチ 」を紹介しました。


今回は、最初の「A」である、

A—Allow yourself to bring up the topic of worry. 
「心配事を話題にあげよう」

の解説の続きとなります。

「次のような話をするのも効果的です。

 『私は以前、箱類を天井に届くまで積んでる人の家を片づけたことがあるわ。

  でも、もしそれがタイルとか材木とかカーペットだったら、床に山積みに
  していても何も言わないでしょ?

  その程度に、軽く考えて欲しいのよ』

 こんな、心が軽くなる言葉をかけてあげると、多くのクライアントは
 心地よく感じます」

散らかしていることは悪いことだ、と自分を追い詰めている人にとって、

「それがどうした、そんな異常なことではないでしょ」

的なニュアンスの声かけも、相手を勇気づける手法として効果があります。

過度な追い込みのマイナス効果を取り除く事で、自信を取り戻すきっかけに
なります。

ただ、人を見て言う必要はあると思います。

「片づけなくていいんだ」と安心して、片づけのモチベーションを
オフしてしまうようなタイプには、使わない方がいいかもしれません。

「別のオプションとしては、

 『私が今まで見てきた中で、この部屋が最悪だとしたら、
  あなたはそれを知る最初の人物になるでしょう』

 なども、効果的なコメントです」

こちらの言葉は、ちょっとアメリカ的な表現ですよね。

これをユーモアととるアメリカ人がどのくらいいるのかは
分かりません(笑)。

少なくとも日本人に効果があるかどうかは、ちょっと疑問。。。

次号に続きます。

吉島智美(2014/07/31+加筆)


PageTop