オーガナイザーの価値は「片づけサポーター」にとどまらない(その2)

当コーナーでは、毎回アメリカのオーガナイザーによる、お片づけビジネスに
関するレポートを紹介しています。


 お片づけのプロの役割は、クライアントの部屋を片づけること、
のみには留まらない。それだけに着目すると、クライアント自身が
片づけられるようにならず、リバウンドを生みやすい。


 リバウンドを防ぐためにも、「片づけサポーター」以外の役割を意識して
おく必要がある。ということで前回から、「More than an Organizer」という
テーマのコラムを解説しています。


執筆は、マージョリー・ゴンザレスさんです。

 ゴンザレスさんの解釈では、オーガナイザーの「片づけ」以外の
価値は大きく分けて3つあるとのことです。

それぞれ、教師、トレーナー、モチベーターです。


今回は「教師」としての価値を見てみます。


まずは教師としての側面を見てみましょう。

 私たちはクライアントに手を貸し、指導します。


 クライアントが『私の部屋も機能的かつ美しくなるはず』と認められる
 ようになったり、時間を効果的に管理できるようになったり、

 
 そして、


 エネルギーを生産的、創造的に使えるようになったりすることによって
 私たちは彼らにとっての、ベストなオーガナイザーになります」

ゴンザレスさんが挙げている、「教師」としての役割。


日本ですと、お片づけのプロを「先生」と呼ぶ人も一定数おりますが、
まあプロ側もキャラ設定や、クライアントとの接しようによっては、
先生的なポジションでいたほうが仕事がしやすい場合もあるでしょう。


自分は片づけが下手でどうしようもない、と思い込んでいるクライアントに、
「あなたでも片づくはず」と声かけしてあげたり。


時間管理のやり方をレクチャーしたり。

忙しい中で限られたエネルギーをポジティブな方向に使えるよう
知恵を授けたり。


クライアントのお手本となる、先生としての役割は、当然お片づけのプロに
求められるものです。


それがクライアントに受け入れられれば、片づけジャンルでの師弟関係が
成立し、困ったときはまたプロに相談しよう、といった流れになると思います。

先生の言うことを、生徒のポジションで素直に受け止められる人は、日本人には
比較的多い気がするので、うまくいきやすい形のひとつであることは間違いない
のではないでしょうか。


次回に続きます。


吉島智美(2015/07/14+加筆)


PageTop