お片づけのプロ養成コース

「お片づけのプロ」養成コース10期

お片づけのプロ養成コースは、全5回のセミナーによって構成されています。

第1回:お片づけのプロに必要なこと

日時:平成29年6月11日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

お片づけのプロのあり方には、様々なタイプがあります。その中から自分の目指す方向性を見極めるのが大切です。そして目標を設定し達成していくのですが、これにはコツがあります。自分だけでなく、クライアントにも役立つ手法をご紹介します。

内容

  • お片づけを妨げる3つの原因
  • お片づけの思いがけない効果とは
  • 住まいに関わる仕事、心に働きかける仕事
  • 「単なるお片づけ」以上の価値を提供するには
  • 家事の「お片づけ」と、ビジネスの「お片づけ」の違い
  • お片づけビジネスの様々なスタイル
  • 自分らしさを活かして働く、ということ
  • どんなスタイルで仕事を行っていくか考える
  • 目標設定および達成の方法
  • 「なりたい自分」になっていくために
  • 今すぐ始められる準備

第2回:「お片づけの現場」シミュレーション

日時:平成29年7月9日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

現場では、様々なことが起こります。そのため、クライアントの前でいかに対応するか、という「人間力」「応用力」が試されます。数々のハプニングを経験した講師の体験談、トラブルの乗り越え方、突発的な事態に対する対処法などをお伝えします。

内容

  • カウンセリング時の心構え
  • カウンセリングの手順と注意点
  • クライアントの思考を整理する
  • 片づけが苦手な人を理解する
  • カウンセリングのロールプレイ
  • お片づけ作業の流れと心構え
  • 片づかない原因の見極め方と対処方法
  • クライアントが「片づけ」を維持できる環境づくり
  • 悩んだ時は、「思考の整理」
  • なりたい自分に進めない理由

第3回:お片づけとコミュニケーション

日時:平成29年8月6日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

「スッキリ」の輪を広げるには、周囲の人とのコミュニケーションが不可欠。人間関係の仕組みや、円滑な質問方法などについても学びます。

内容

  • お片づけとコミュニケーションの深い関係
  • 現場で起こりがちなミスコミュニケーションのパターン
  • 「片づけ」への反応でわかる4つのタイプ
  • 自分が日常的に陥りがちなタイプを考える
  • 4つのタイプに出会ったときの感情の動きを考える
  • ミラーボール質問法
  • ミラーボール質問法を分類に活かす
  • タイプ別の、有効な質問とは
  • タイプを見分ける質問と、相手の反応
  • ロールプレイ

第4回:お片づけと心理学

日時:平成29年9月3日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

お片づけビジネスの対象は、「部屋」や「モノ」でなく「人」です。人の行動を左右する「こころ」のメカニズムを学び、こころと部屋の繋がりへの理解を深めます。

内容

  • なぜお片づけに心理学が必要なのか
  • 「共感する」ということ
  • 「共感する」の難しさ
  • 「こころ」と「部屋」の関係性
  • クライアントに共感するには
  • 「思考」と「感情」のしくみ
  • 対処が難しいクライアント
  • ケーススタディ

第5回:「そこから考える、そこまで考える マーケティングセミナー」

日時:平成29年10月1日(日)10時~17時 講師:吉島智美、磯ヶ谷ふき子、橋口真樹子

「お片づけ」の仕事を受注するために、ネットマーケティングのコツ、ブログでの集客など、3人の講師が成果を出している、押さえておくべきポイントを大公開します。

内容

  • あなたのサービスを必要としているクライアントを考える
  • あなたのクライアントにあったアプローチ法
  • あなたの望むクライアントとは
  • あなたのクライアントが望む事
  • あなたの商品とは

* セミナー終了後、修了式を行います。

受講料

全5回受講料

172,800円

早割価格

162,000円となります

受講料には、5回分のテキスト代、 修了時に発行したします、修了証書などの費用が含まれます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認のためもう一度お願いします)

住所
郵便番号:

都道府県:

市区町村番地:

マンション・ビル名:

連絡先

受講料
 早割価格 162,000円(5月26日お申し込みまで有効) 一般価格172,800円

よろしければ申し込みの理由をお聞かせください


お片づけのプロ養成コース設立の目的と、各ステージの位置づけ

日本ではこれまで、整理収納の理論を伝える講座は数多くありますが、実際に「お片づけビジネス」の現場でどのような知識が役立つのかを教えてくれる講座や、クライアントの前でどのようにふるまえばいいのかなど、「お片づけビジネス」に必要なスキルを分かち合う講座はほとんどありませんでした。

日本プロフェッショナル・オーガナイザー協会では、「お片づけビジネス」の更なる普及を目指し、このたび、「お片づけのプロ」養成コースを開講することとなりました。

全国各地に存在する「お片づけのプロ」の知恵は、ほぼ彼らの周囲から広がることはなく、おそらく独自ノウハウとして企業内に蓄積されているものと思われます。当協会では、複数の「お片づけのプロ」事業者のノウハウを日本ではじめて公開、結集することにより、「お片づけビジネス」の発展に寄与したいと考えています。

「お片づけのプロ」養成コースでは、学びの効果を最大限に高めるよう、5回のセミナーを第一ステージとし、ここに学習内容を集約しています。以下に第一ステージの内容について簡単に説明します。

第一ステージ

第一ステージでは、お片づけビジネスの実務面に必要なノウハウを習得することを目的としています。カリキュラムに含まれる各講座は、整理や収納の実践的な知識だけでなく、実際に人と接する際に必要なメンタリティやコミュニケーションスキル等、クライアントと信頼関係を構築するために必要なスキルについても学びます。

よく言われることですが、お片づけの効果によって、クライアントの人生に変化を及ぼすことがあります。お片づけに向き合うことで頭の中が整理されることが主な理由ですが、このようなコーチング的な効果を副次的にもたらすのが、お片づけの興味深い点です。「お片づけのプロ養成コース」のカリキュラムで「人」についての理解を深めるのは、この効果をにらんで、という側面もあります。本来、メインテーマとすることもできる深いテーマですが、当講座の「人」を理解するカリキュラムではあえて、副次的なものと考え、「お片づけビジネス」に必要なスキルのひとつとして提供するつもりです。

第一ステージの最終回では、お片づけビジネスをスタートさせ、運営するために不可欠な集客、マーケティングのスキルについて学びます。3人の講師が試している集客の方法や、発しているメッセージの方向性などについてお伝えします。集客のためのテクニック的な要素もお伝えしますが、どちらかというと、時代に左右されるような集客方法ではなく、時間が経過してもあまり変化しない基本的なマーケティングの考え方と、ビジネス展開方法の様々なパターンについて、メインに扱う予定です。

「マーケティング」と聞くと、「ビジネスをスタートする段階ではない」と考える人は抵抗を感じるようです。でも、ビジネスをスタートするには、様々な準備が必要です。特に大事なのが、「自分という人間が周囲からどう見られるか」「自分は人にどのような印象を与えているか」を知ること。人が醸し出している雰囲気によって、最適なマーケティング手法も異なるので、ビジネスのスタート時点で自分のパーソナリティを知っておくことは重要です。受講生一人一人がどんな個性を持っているかに気づいてもらい、それを客観的に表現する方法をマーケティングと繋げることで、オンリーワンの「お片づけのプロ」が巣立っていくのです。


お片づけのプロ養成コース開催にあたって

JAPOではこれまで、主に単発のテーマでセミナーを開催し好評を博してきましたが、「まとめて体系的に学びたい」というご要望も頂いておりました。

ただ、既に整理収納カテゴリーの資格制度が世間にいくつもある中で、新たな資格制度を設立することに意義を見出せずにいました。資格制度は、固定したカリキュラムで体系的に学べる分かりやすさがありますが、一方で受講生が、カリキュラムの「型」にはまる危険性もあります。功罪両面ありますが、新しい仕組みを作るなら、これまで日本に無い形にしたいと考えました

吉島がアメリカで受けたオーガナイザー育成プログラムには、複数のオーガナイザーが異なる意見を交わしている様を、あえて見せるような特徴がありました。

当時は多少戸惑いましたが、今思えば受講生をステレオタイプな型にはめないための工夫だったのだと分かります。片づかない人は、第三者の型にはめられるのを何より嫌います。クライアントに合った整理整頓の仕組みを作るオーガナイザーに必要なのは「相手の価値観を認め、共感すること」です。

「答えがひとつではない世界」を、セミナーの中でも作り出していた点に深く感銘を受け、このような環境を日本でも実現したいと考えました。

講師たちが集まって相談した結果、JAPOの認定制度は、「整理と収納にし、似た価値観を持つ仲間が共有するスキル」という位置づけで提供しよう、ということになりました。

片づけを通した「家庭の幸せ」「コミュニケーションの円滑化」というテーマを最重要視し、その上で「実際に『人』そして『現場』に対面する際に役立つ知恵の結集」を実現するための仕組みです。

kitchen.image

1人のカリスマから学ぶのではなく、独立した整理整頓ビジネスの担い手として活動している3人の講師とディスカッションしながら、様々なオーガナイザーのあり方を学んでいく形式は、日本にこれまで無かったものです。受講生を型にはめるのではなく、受講生の個性を尊重し、自分に合った「オーガナイザーの知恵」の生かし方を見つけるのに役立つ認定制度となるでしょう。

JAPOの認定制度ならではの特徴として、「実践的であること」と「対『人』で役立つ知恵であること」が挙げられます。

オーガナイザー自身が収納スキルを高め、モチベーションを上げることも大切ですが、実際にお片づけのプロとしてサービスを提供する相手は、部屋や収納等「モノ」ではなく「人」です。

世界レベルの収納ワザを身につけても、クライアントに受け入れてもらえなければ仕事になりません。JAPOのカリキュラムの根底には、コミュニケーションや人間心理について、段階的に理解を深める意図が込められています。

相談会当日は、3人の講師が思い思いに、整理整頓ビジネスの素晴らしさについて語ります。根底の共通テーマは「片づけを通した幸福の実現」ですが、3人3様のストーリーを楽しめるのではないかと思います。興味のある方はぜひ、ご参加ください。


日時と場所

会場・・・都内

会場の案内は、後日お知らせします。


受講料

全5回受講料

168,000円(年会費3年分込)

早割価格

157,500円(年会費3年分込)となります

受講料には、5回分のテキスト代、
修了時に発行したします、修了証書などの費用が含まれます。


PageTop