お知らせ

子供の「紙モノ」整理のコツ(その13)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の13回目です。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」
整理方法である「3Dシステム」についてのコラム。

 

今回は最終回、まとめとなります。
まずはキャロラインさんのコメントを見てみましょう。

 

 

「3Dシステムは、クライアントが整った家をつくるのに役立つだけでなく、
 子供たちに一生ものの価値がある片づけの技術を伝えることになります。

 

 とても柔軟なシステムでもあります。

 

 なぜなら、それぞれの住み手の、住まいとライフスタイルに合わせてカスタマイズする
 ことができるような、多くの選択肢を示すことができるからです」

 

上のコラムにあるように、使いやすい片づけの仕組みが幼少期の自宅にあることは、
子供のその後の人生に大きな影響を及ぼすことになります。

 

お片づけのプロによる片づけを子供が体験できるのは、ある意味で幸せなことです。

 

アメリカの、キャリア歴二十年のオーガナイザーは、10年以上前に片づけを
手伝った子供が、大人になってからも同じ片づけのシステムを愛用し、

その子が今も片づけに困っていないことを誇らしげに教えてくれました。

 

クライアントの人生に大きく影響を与えると思うと、責任重大であるとともに、
大変光栄に感じますね。

 

3Dシステムは、あくまで大まかな枠組みであり、クライアントのタイプにより、
柔軟に変容させて適用すべきだというのは大いに賛成です。

 

お片づけのプロとしては、クライアントのライフスタイルをつぶさに観察し、多くの事を
ヒアリングして、最適な仕組みを見つけてあげるのが仕事です。

 

子供の紙モノお片づけを手伝う場合、ぜひこのコラムを参考にして、
柔軟な発想を持ちながら接してあげて下さいね。

 

吉島智美(2012/11/07+加筆)


「お片づけのプロ」ってこんな仕事&プロになるには?セミナー2017

日本プロフェッショナル・オーガナイザー協会の吉島です。

最近は片づけに興味・関心を持つ人が大変多くなりました。
それに伴い、片づけや部屋の模様替えなど、住まいに関する資格もたくさん出来ました。

住環境を大切だと考える者として、とても嬉しい限りです。

そして、

せっかく資格をとったのだから。 お金をかけて勉強したのだから。


「私も大好きな片づけを仕事にしたい!」

と思う人が出てくる事も当然のことだと思います。

しかし、いざプロを目指したいと考えても、
「お片づけのプロ」って、何をしているのかがよくわからない。
  どうやって、食べていっているのですか?

 そもそも、食べていける仕事なのですか?」
という疑問が生じてくることでしょう。

関心が高まっているのは大歓迎なのですが、
一方でこの業界について、正確な情報が伝わっていなかったり、
誤解が生じているのも事実です。

そこで今回、『「お片づけのプロ」ってこんな仕事』という情報をお伝えする機会と、
「お片づけのプロ」を育成する養成コースの内容をダイジェストでお伝えする機会を
ドッキングしたイベントを企画しました。
題して、

「お片づけのプロ」ってこんな仕事&プロになるには?セミナー
~「お片づけのプロ」養成コース・体験講座~

当セミナーは、最近注目の「お片づけ」を「いつか仕事にしたいなあ」と
思っているあなたに、この仕事の魅力をお伝えし、どうしたらなれるのかに
お答えする3時間です。

この仕事の最大の魅力は、「自分らしさを生かす」ことが出来ることです。

働き方(時間・日数、稼ぎ等)を、自分のライフスタイルに合わせて変えられるのも魅力です。

すでにお片づけのプロとして沢山の経験がある講師たちが、この仕事の
一か月のスケジュールから、お金のことまで、具体的で実践的なことを
お伝えします。

様々な働き方や、その可能性のヒントがたくさん詰まったセミナー。

受講すれば、「お片づけ」を仕事に生かすというあなたの夢が、遠い世界の
ことではないことが、きっと分かるはずです。

お片づけのプロになるために必要なのは闇雲に頑張ることではありません。

すでに失敗も成功も重ねた先輩プロからのガイダンスがあれば、今何が必要なのか、
何を頑張ればいいのかがわかります。

そのガイダンスが詰まった講座が「お片づけのプロ」養成コースです。

現在第10期生を募集中です。

今までの卒業生の中でも、すでに「お片づけのプロ」として
それぞれのスタイルで仕事をしている人が多数います。

もし「お片づけの仕事」に興味がありましたら、ぜひご参加下さい。


3時間でこの仕事、「やってみたらどうなるか」について、
そして「プロになるには、何が必要か」について、知ることができます。
あなたも「自分らしさを生かす」、そんな魅力ある「お片づけのプロ」の仲間に入りませんか?

日時と会場、受講料

日時・・・ 二日間同じセミナーを開催します。都合の合う方を選んで下さい。
2017年4月16日(日) 13:00~16:00
2017年5月14日(日) 13:00~16:00

会場・・・ 東京都品川区の会議室 (詳細はお申し込みのあった方にお知らせします)

セミナー受講料:5,000円(税込)

支払方法:銀行振り込み

お申込後、返信されるメールの中に、振込先が記載してあります。
キャンセルの場合、返金いたします。 前日までにご連絡をお願いいたします。
(振り込み手数料のみ、ご負担をお願いしております)
下記申し込みフォームよりお申し込み下さい。

ご縁のある方のご参加を、心からお待ちしております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認のためもう一度お願いします)

住所
郵便番号:

都道府県:

市区町村番地:

マンション・ビル名:

連絡先

受講日
 2017年4月16日 2017年5月14日

受講料
5,000円(税込)

よろしければ申し込みの理由をお聞かせください

【パソコンのアドレスでご登録の場合】 「受付完了」メールがすぐに届きます。受信トレイに来ない場合は、迷惑フォルダなどチェックしてください。 【携帯のアドレスでご登録の場合】 「受付完了」メールが届かない方が多いようです。info(アットマーク)japo-npo.net から受信できるように設定をしてください。(アットマーク)は、@に置き換えてください。


子供の「紙モノ」整理のコツ(その12)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の12回目です。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」
整理方法である「3Dシステム」についてのコラムです。

 

前回から、3番目のD「Discard(捨てる)」の解説をしています。
今回は、「Discard」での注意点が挙げられています。

 

「どれだけの量を残すべきかという数は、クライアントの利用できるスペースの広さや、
 似たものが多いかどうかによります。

 

 子供に知らせることなしに紙モノを捨てないよう、クライアントに伝えてください。

 

 お母さんにはスクラップ紙のように見えるかもしれないモノが、子供には
 大きな価値があるかもしれないのです。

 

 最後に、『Discard』プロセスでは、大きなゴミ箱を用意することによって、
 より多くのアイテムを手放せる効果があります」

 

ここで大事なことは、ただの紙くずであれ、子供の許可なしに捨てないという事ですね。

 

クライアント宅で、ゴミだと思って紙を捨てようとしたら、それが子供の初めての
落書きだったり、初めての折り紙だったりすることがたまにあるんですね。

 

何も考えずに捨てようとするか、貴重品のように扱うかで、クライアントの
オーガナイザーを見る眼が全く異なるはずです。

 

経験を積んだプロなら、不用意にクライアントのモノをゴミ扱いしませんが、
家族の場合、やってしまうことがあります。家族の許可なく捨ててしまうことが。

 

「家族への愛情」、が理由とされることが多いのですが、コミュニケーション無しで
家族のモノを処分するのは、相手の信頼を裏切る行為です。

 
家族だからこそ、たとえ相手が子供でも、要不要を聞かずに処分するのは
絶対禁止。強引に捨てる方向へ誘導するのもなし。じっくり家族の言い分を聞く
いい機会と考えて、コミュニケーションを図るよう留意してほしいものです。

 

あと、最後の「大きなゴミ箱」については、紙モノ整理に限って言えば、
日本ではあまり当てはまらないですね。

 

なぜかというと、日本の主婦は紙ゴミのことを「資源ごみ」と考え、
縛れるように積んでおく人の方が多いからです。

 

片っ端から紙ゴミをゴミ箱へポイポイ、という人は、最近は随分減っている印象があります。

 

 

吉島智美(2012/11/07+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その11)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の11回目。

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」
整理方法である「3Dシステム」についてのコラムです。

 

今回から、3番目のD「Discard(捨てる)」の解説になります。
いよいよ最後のステップ、「Discard」です。ここは重要です。

 

見せて、預けるだけでは、お片づけは完成しませんからね。
以下、キャロラインさんのコメントから引用しています。

 

「3Dシステムを効率的に機能させるためには、
『Display』と『Deposit』の
ステップに、大量の紙モノを滞留させては
なりません。


いつ、『Deposit』
『Display』に貯まったものをいつ一掃するかについて、
クライアントが明確に
期限設定するのを手伝ってあげてください。


また箱を空にするタイミングが
来るたびに、箱にはくれぐれも少量のアイテムだけを
取っておくように、そして
このルールを守るように促してください。」

 

「Display(見せる)」と「Deposit(預ける)」では、子供に見せるべき紙類の
効果的な見せ方や保管方法の注意点について数多くの知恵がありました。

しかし最後のステップ「Discard(捨てる)」のルールがないと、紙モノは次第に
貯まっていき、あっという間にシステムが崩壊します。

 

前の2つのステップに紙が貯まりがちであることをあらかじめ指摘しておき、
貯まってくる紙たちをいつ、どのタイミングで処分するかについて、オーガナイザーが
期限設定を手伝うように、と書いてあります。

 

そして、決めたルールを守るように伝えることも忘れないように、とあります。
ルール設定とその周知が重要、という考えですね。

 

吉島の体験では、クライアントの紙モノ整理の際、こちらから言わなくても、
クライアントの方から「どうしたらキレイな状態を保てますか?」と聞いてくる場合が多いです。

 

せっかくコストをかけてキレイにしても、元に戻ってしまうのが悲しいのはクライアント自身。
ちなみに吉島は、紙が届いたその場で判断することを勧めています。
判断の先延ばしが、紙モノがたまる一番の原因ですからね。

 

吉島智美(2012/11/07+加筆)


「お片づけのプロ」養成コース10期

お片づけのプロ養成コースは、全5回のセミナーによって構成されています。

第1回:お片づけのプロに必要なこと

日時:平成29年6月11日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

お片づけのプロのあり方には、様々なタイプがあります。その中から自分の目指す方向性を見極めるのが大切です。そして目標を設定し達成していくのですが、これにはコツがあります。自分だけでなく、クライアントにも役立つ手法をご紹介します。

内容

  • お片づけを妨げる3つの原因
  • お片づけの思いがけない効果とは
  • 住まいに関わる仕事、心に働きかける仕事
  • 「単なるお片づけ」以上の価値を提供するには
  • 家事の「お片づけ」と、ビジネスの「お片づけ」の違い
  • お片づけビジネスの様々なスタイル
  • 自分らしさを活かして働く、ということ
  • どんなスタイルで仕事を行っていくか考える
  • 目標設定および達成の方法
  • 「なりたい自分」になっていくために
  • 今すぐ始められる準備

第2回:「お片づけの現場」シミュレーション

日時:平成29年7月9日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

現場では、様々なことが起こります。そのため、クライアントの前でいかに対応するか、という「人間力」「応用力」が試されます。数々のハプニングを経験した講師の体験談、トラブルの乗り越え方、突発的な事態に対する対処法などをお伝えします。

内容

  • カウンセリング時の心構え
  • カウンセリングの手順と注意点
  • クライアントの思考を整理する
  • 片づけが苦手な人を理解する
  • カウンセリングのロールプレイ
  • お片づけ作業の流れと心構え
  • 片づかない原因の見極め方と対処方法
  • クライアントが「片づけ」を維持できる環境づくり
  • 悩んだ時は、「思考の整理」
  • なりたい自分に進めない理由

第3回:お片づけとコミュニケーション

日時:平成29年8月6日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

「スッキリ」の輪を広げるには、周囲の人とのコミュニケーションが不可欠。人間関係の仕組みや、円滑な質問方法などについても学びます。

内容

  • お片づけとコミュニケーションの深い関係
  • 現場で起こりがちなミスコミュニケーションのパターン
  • 「片づけ」への反応でわかる4つのタイプ
  • 自分が日常的に陥りがちなタイプを考える
  • 4つのタイプに出会ったときの感情の動きを考える
  • ミラーボール質問法
  • ミラーボール質問法を分類に活かす
  • タイプ別の、有効な質問とは
  • タイプを見分ける質問と、相手の反応
  • ロールプレイ

第4回:お片づけと心理学

日時:平成29年9月3日(日曜日) 10時~17時 講師:未定

お片づけビジネスの対象は、「部屋」や「モノ」でなく「人」です。人の行動を左右する「こころ」のメカニズムを学び、こころと部屋の繋がりへの理解を深めます。

内容

  • なぜお片づけに心理学が必要なのか
  • 「共感する」ということ
  • 「共感する」の難しさ
  • 「こころ」と「部屋」の関係性
  • クライアントに共感するには
  • 「思考」と「感情」のしくみ
  • 対処が難しいクライアント
  • ケーススタディ

第5回:「そこから考える、そこまで考える マーケティングセミナー」

日時:平成29年10月1日(日)10時~17時 講師:吉島智美、磯ヶ谷ふき子、橋口真樹子

「お片づけ」の仕事を受注するために、ネットマーケティングのコツ、ブログでの集客など、3人の講師が成果を出している、押さえておくべきポイントを大公開します。

内容

  • あなたのサービスを必要としているクライアントを考える
  • あなたのクライアントにあったアプローチ法
  • あなたの望むクライアントとは
  • あなたのクライアントが望む事
  • あなたの商品とは

* セミナー終了後、修了式を行います。

受講料

全5回受講料

172,800円

早割価格

162,000円となります

受講料には、5回分のテキスト代、 修了時に発行したします、修了証書などの費用が含まれます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認のためもう一度お願いします)

住所
郵便番号:

都道府県:

市区町村番地:

マンション・ビル名:

連絡先

受講料
 早割価格 162,000円(5月26日お申し込みまで有効) 一般価格172,800円

よろしければ申し込みの理由をお聞かせください


子供の「紙モノ」整理のコツ(その10)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の10回目です。

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法「3Dシステム」について語るコラム。

今回は、2番目のD「Deposit(預ける)」の説明、ラストの4回目です。
「Deposit」の、注意点の続き。
次第に3番目のD「Discard」を意識した内容となってきます。

 

「子供が雑誌を定期購読しているなら、それを読み終えたら、学校へ持っていって
 クラスメイトとシェアすることを勧めるよう、お母さんに提案してください。

 子供が雑誌を集めたいのなら、専用の箱を購入し、ラベルをつけてください。
 子供がバックナンバーを1ケ所にまとめて保管できるようにします」

 

最後は、雑誌関係についてのコメントです。

読み終わった雑誌を学校に持っていく、というのはいいアイディアですね。

読み終わったら友達に回してあげれば学校で喜ばれるでしょうし、
共通の話題も増えそうです。

一人だけで楽しむのではなく、友達とシェアする楽しみを教えることにも
繋がりますしね。

日本でこれをやり、学校側に受け取ってもらえるか、は微妙でしょうが、
寄付したりシェアしたり、が一般的なアメリカなら、有効な手段と言えます。

 

また「Deposit(預ける)」の目的は保管ですが、在庫というか、持ち物の
管理ができるようになることも、目的の一つになります。

楽しく持ち物の管理ができるよう、バックナンバーに対して専用の箱や
ラベルをあてがってあげると、在庫管理が分かりやすくできる上に、
教育的効果も期待できそうです。

次回に続きます。

 

吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その9)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の9回目です。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法「3Dシステム」について語るコラム。

 

今回は、2番目のD「Deposit(預ける)」の説明、3回目になります。
「Deposit」の、注意点の続きです。

 

「見学旅行のしおりなどは、時間と場所をカレンダー上に記録することで
  処分できる場合もあります。

 

  もう一つの考えは、壁にくぎ打ちし、ハンギングタイプの蛇腹ファイルを
ぶら下げ、その中に子供専用のラベル付きファイルを入れる方法
です。

 

  この方法なら、迅速かつ簡単にお目当ての書類を見つけられます。

 

  しかし忘れてはならないのは、必要がなくなったら、書類を捨てなくては
いけ
ないこと。   そうでないと、3Dシステムはうまくいきません。」

 

「Deposit」の説明、後半は次の「D」、「Discard(捨てる)」を意識した内容に
なっていますね。

 

いくら子供が「全部取っておいて」と言ったとしても、保管できるスペースは
限られているわけですから、どこかで見切らなくてはいけません。

 

子供のモノは何ひとつ捨てられない、というクライアントもいますが、
用のなくなった紙モノのうち、処分できるものは手放していかないと、
あっという間に家中に溢れてしまいます。

 

その点をくぎ刺すようなコメントも含まれていますね。

 

前回のコラムで、決して捨ててはいけない、と書いていますが、
それは、思い出深い記念のメッセージ系のものに限られます。

 

社会科見学のしおり、学校からのイベント系のお知らせなどは、
よほどの思い出がない限り、不要になったら捨てて良いものです。

 

捨てて良いものまで、いつまでも残していたら、あっという間にモノであふれる。
なので、捨てていいモノは、すかさず捨てる。
を、習慣化する必要があるんですね。

 

次回に続きます。

 

吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その8)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の8回目。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法「3Dシステム」について語るコラムを紹介しています。

 

今回は、2番目のD「Deposit(預ける)」の説明、2回目になります。
「Deposit」の、注意点が挙げられています。

 

「思い出深い紙モノ(特別なバースデー・カードや友だちからのメッセージ)は、
 親が預かるルールにすることはできますが、子供たちは捨てたがりません。

 

 『Deposit』では子供の名前のラベルがついた、大きな箱を使うといい具合です。

 

 前述の雑誌ホルダーがいっぱいになったら、中身をより大きな箱
 (地下や屋根裏などに保管)に移し、ホルダーを空にするようクライアントに
指示します。

 

 郵便物や、子供が持ってきた必要書類は、家族がよく通る場所に保管すべきです」

 

「たかが紙モノ」と言えど、子供にとって感情的に価値あるものが含まれています。

 

ただの紙屑と甘く見て、勝手に親やプロ側が処分してしまうと、
後々にクレームの対象になります。要注意ですね。

 

必要書類の預かり場所を、普段よく通る所にするのは大切ですが、
通行の邪魔になるので、容量は限られてしまいます。

 

その場合、別の保管箱を用意して、古くなったモノから順次場所を移し、
ストックしておくことを勧めています。

 

記憶に新しいモノをよく通る場所に置くのは「Display」と同じですが、
古くなったモノについては、地下や屋根裏部屋などの収納に置いてもよい
カテゴリーのようですね。

 

しかし、決して捨ててはいけないモノだということ、くれぐれもお忘れなく!

 

吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その7)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の7回目です。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法について語ったコラムの紹介。

 

彼女は自らのノウハウを、「3Dシステム」と呼んでいます。

 

今回から、次のD「Deposit(預ける)」を説明します。

 

 

「次のカテゴリー『Deposit』は、子供たちの紙モノに安全な置き場所を確保する
 ためのものです。

 

 ファイリング前の見苦しい書類が山にならないよう、さっとしまえる場所か、
 または掲示できる場所を確保してあげてください。

 

 子供の名前をラベリングした、色違いの雑誌ホルダーを使うのも
 いい方法です。

 

 フタをあけたり、別の場所に持っていったりせずに、
 素早く預かることができます。

 

 紙モノの保管方法は、シンプルでわかりやすいほど効果的なのです」

 

前のカテゴリー「Display(見せる)」は子供に見せることが目的でしたが、
「Deposit」は大事な書類をなくさないよう、保管、預かることを目的とした
カテゴリーです。

 

子供の名前をつけた入れ物に突っ込んでもらうだけの、シンプルな方法を
選ぶことが、長続きする秘訣のようです。

 

子供たちは、必ずしも「片づけたい」とは思っていませんから、
「簡単さ」「わかりやすさ」が何より重要だ、という考え方は共感できます。

 

子供の年齢によっては、名前でなく、子供のお気に入りのシールなどを
貼ってもよさそうですよね。

 
吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その6)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の6回目です。

 

子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の悩みを持つ主婦と多く接してきた
リヴカ・キャロラインさん。

 

自らの「子供紙モノ整理」のノウハウを、「3Dシステム」と呼んでいます。

 

今回までが、最初のD「Display」に関する説明です。
前回と引き続き、具体的な提案例の説明になります。

 

「子供が紙モノを仕分けできない場合、そして収納場所がない場合には、
 クライアントがちょっとした掲示ボードを作って、『作品』を展示するよう
 提案してください。

 

 または、作品の写真や、作品を掲げた『小さな芸術家』の写真を撮る
 ようにしましょう」

 

 子供の作品は親を感動させます。
 なんとなく全部とっておきたい、全部壁に貼っておきたい、と思って
しまいます。

 

 掲示すること自体は素晴らしいアイディアなのですが、ルールを決めて
おかないと無秩序になり、雑然としてしまう。

 

 そうならないよう、掲示する場所を限定し、定期的に入れ替えるのが
ここでのミソですね。

 

 掲示する場所が取れない場合、記念写真をとっておくことも勧めています。

 

「頂いたご招待のスケジュールや、来たるべきイベントを表示するには、
 様々な方法があります。

 
 忙しい家庭において、みんなのイベントを一緒に、一ケ所に提示しておくと、
土壇場のパニックを避けることができます。

 
 最もポピュラーな方法は、その週、その月の全てのイベントを掲示板に
表示することです。

 
 翌週、翌月に開催される他のイベントについては、『ご招待』とラべリング
したバインダーを近くに置くか、手帳や電子カレンダーに書いておきます」

 

 スケジュール管理については、個別ではなく家族全体の掲示板を作ることを
勧めていますね。

 

 確かに、全員が同じ掲示板を見れば、家族のイベントも忘れないでしょう。
直近のイベントのみをわかりやすく表示するのがポイントですね。

 

「スケジュール掲示板」があると一目瞭然で便利ですが、管理者がきちんとして
いないと難しいですよね。その週と、その月の用事に限定しておくという
やり方は、シンプルで誰にでも管理できるから優れていると感じます。

 
吉島智美(2012/08/31+加筆)


PageTop