お知らせ

クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その12)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラム、
今回で12回目になります。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍、キャスリン・ゴールデンさんのコラムからの
引用。

引き続き、オーガナイザーとしての仕事において、常々「笑い」を意識している
ゴールデンさんのクライアント「笑わせツール」第3弾の説明の続きです。

 

今回は、『11番目の戒律―なんじ、ドカ置きすることなかれ』というゴールデンさんの
ネタ明かし(使い方)になります。

 

片づけの苦手なクライアントに、最低限のルール遵守をお願いする流れで使用するネタの
ようですが、片づかない人が苦手なのがこの、ルール遵守。

 

果たして、その使い方はどんなものなのでしょうか。

 

 

「で、そのやり方なんですが、私はクライアントに重大な宣告をするように
 見せかけながら、

 

 『実は、仕事を受けられない条件があるの』とささやきます。

 

 そして私は、これまで知られていなかった11番目の戒律の存在を伝えます。

 

 

 『なんじ、ドカ置きすることなかれ』

 

 

 私たちが片づけ作業をしなかった場所にモノを置くのは問題ありません、
でもキレイに
したスペースは『ドカ置き』とは無縁のエリアにしなくてはいけない、

 

 と話します。

 

 

 このルールに例外は全くありません。破る人の仕事は受けられません。

 手を掲げ、私と誓いを立てるようにお願いします」

 

モーセの十戒に加え、未だ知られていない11番目の戒律があった。

それがこの『なんじ、ドカ置きすることなかれ』だと。

 

 

言い出すタイミングで少しもったいぶるといいますか、希少感?を演出しているのか、
演技を伴うことで重みを持たせているわけですね。

 

片づけが苦手な人は、難しいルール設定を嫌う傾向にあります。

 

でもこの場合は、

 

モノを買うのも、家に持ち込むのも問題ないですよ。

でも「片づけた部屋に、無造作にモノを置かない」

 

これだけは、最小限のルールとして守って欲しい、と強い調子で伝えているんですね。

 

 

片づかない人は買い物が好きで、片づけたら安心してまたモノを増やしがちですけど、
「片づけたところには置かない」というルールを守ることで、本人が「リバウンド感」を
感じないようにしているようです。

 

 

少し甘めのルールにも見えますが、甘めのルールでないと、続かない人が続出して
しまいますからね。

 

 

ごくシンプルなルール設定を持ち込むことも、長くきれいな部屋をキープできるコツだと
言えそうです。

 

では、このルールの効用は如何に??
次回に続きます。

 

吉島智美(2013/10/31+加筆)

 


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その11)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラム、
11回目になります。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍、キャスリン・ゴールデンさんのコラムからの
引用です。

 

引き続き、常々「笑い」を意識しているゴールデンさんのクライアント「笑わせネタ」
第3弾になります。

 

今回のネタは、『11番目の戒律―なんじ、ドカ置きすることなかれ』というテーマ。

 

片づけの苦手なクライアントに、最低限のルール遵守をお願いするエピソードが
中心です。

 

片づけルールのお願いは難しいテーマですが、どんな笑いを、
いや話をしているのでしょうか。

 

 

「私は、人にお説教するのが嫌いだし、人差し指を立ててあれこれ指示するのが
 好きでありません。

 

 

 同時に、クライアント本人が片づくまでの道すじに納得すること、
これが私のゴールです。

 

 どのプロジェクトにおいても、最大のテーマは、建物に入ってくる
新しいモノ
とは無縁の、きれいに片づいた領域を保つことであり、
それはカギとなるルール
を決めて行います」

 

 

片づかないクライアントの部屋を片づけました、でもすぐリバウンドして
散らかりました、では、プロのサービスを依頼した側・受注した側の
双方に不満が残ります。

 

 

依頼した側は自分のせいだから仕方ないと思うし、プロ側はクライアントの
生活まで立ち会えないから、散らかるのは仕方ないと思って納得するという
考え方ももちろんあります。

 

 

でもプロは経験を重ねるほど、なんとかリバウンドをしないような対策を
考えます。

 

 

維持管理のコツをクライアントに伝えるわけですが、ゴールデンさんも
ご多分に漏れず、ある「ルール」「ガイドライン」をクライアントに伝授している
ようです。

 

 

さて、どんなルールなのでしょうか。

次回、ゴールデンさんの魔法のツール第三弾の具体的な使い方を紹介します。

 

 

吉島智美(2013/10/31+加筆)


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その10)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラム、
10回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍、キャスリン・ゴールデンさんのコラムからの
引用です。

 

前回に続き、常々「笑い」を意識しているゴールデンさんのクライアント「笑わせネタ」
パート2話の続きになります。

 

『マーサおばさんのティーカップ』発動後のリアクションはどんなものでしょうか?

 

「私がこの話をすると、クライアントはいつも相づちを打ち、
笑いながら大きく
うなずきます。

 

 そして私は、例の執行猶予通知がまだ効力を有することを彼らに保証します。

 

 通知は、彼らをガラクタの山から解放するための扉をこじ開ける、
バールのようです」

 

 

執行猶予通知。

前々回から言及している、「過去の罪は問わず、これからを大事にしよう」と感じさせて
くれるツールのことですが、ここでもマーサおばさんに対する罪悪感を手放すのに
一役かってくれます。

 

この免罪符によってクライアントは、使わないティーカップを押しつけてきた
「彼女自身にとっての」マーサおばさんに対する、苦手意識が混じり合った
罪悪感を手放すのでしょう。

 

 

「そして私とクライアントは、他の多くの雑多なモノと一緒になっているマーサおばさんの
ティーカップを引っ張りだし、ベストな置き場所について話し合い、
答えを見つけるのです。

 

 この手順で進めると、うまくいきます」

 

 

免罪符だけでは効かない場合、こういったエピソード系のネタと合わせ技にすることで、
相手が納得しやすくする。

 

ゴールデンさんが複数のネタを自由に組み合わせて、相手に真意が伝わるように
していることがよく分かります。

 

 

 

次回、ゴールデンさんの魔法のツール、第三弾を紹介します。

 

 

吉島智美(2013/09/16+加筆)


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その9)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラム、
9回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍、キャスリン・ゴールデンさんのコラムから
引用してご紹介しています。

 

今回からは引き続き、常々「笑い」を意識しているゴールデンさんの
クライアント「笑わせストーリー」パート2のお話。

 

「もらいモノ」が捨てられないクライアントに話している、
『マーサおばさんのティーカップ』の登場です。

 

「私は、このようなシチュエーションをこう呼んでいます。

 

  『マーサおばさんのティーカップ状態』

 

 普段はお茶を飲まず、好きでもなく、友人もまたお茶を飲まない人なのに、
 使っていないティーカップを手放せない。

 

 しかも、それをくれたマーサおばさんのことも決して好きではないらしい。
 しかし、今なおそのティーカップを、後生大事に取り置いているの」

 

 

「たとえ10年以上、マーサおばさんに会ってなかったとしても、
 おばさんがサプライズの『持ち物チェック』をしに来る
 (ただ、遊びに来るだけのことなんですが)時に備えて、身動きがとれず、
 ティーカップを手放せない。

 

 ある日突然、おばさんが不意に現れて、かの悪名高いティーカップの所在を聞いて
 くるかもしれない。 その様子は、常に何かの影というか、エネルギーに
 引きずられて、心身を消耗しているかのようだったわ」

 

このネタは、身に覚えのある人なら誰でもうなずいてしまう、思わず苦笑いして
しまうようなエピソードですね。

 

嫌いなおばさんだけに、ある日突然訪ねてきて、

 

「そういえば、私があげたティーカップ使ってる?」などと、律儀にも聞いてきそうに思えます。

 

でも、そんな日が来ることはまずないんですよね。

 

頂き物を捨てられない誰もがそれを分かっているのに、なぜか、そんな恐れを抱いてしまう。

 

心の中で何となく想像していた恐れについて、ゴールデンさんがズバリと指摘して
くるものだから、言われた方はギョッとしたあと、笑うしかないですよね。

 

 

このように、相手が考えそうなことを先回りして、少し大げさに言葉にしてあげると、
相手の心に響きやすいのかもしれません。

 

 

ネタ作りに使えそうなツボですよね。

参考になります。

 

次回、『マーサおばさんのティーカップ』話を聞いたクライアントの反応を紹介します。


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その8)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラム、
8回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍、キャスリン・ゴールデンさんのコラムから
引用してご紹介しています。

 

今回からは引き続き、常々「笑い」を意識しているゴールデンさんの
クライアント「笑わせネタ」パート2の話になります。

 

今回の「持ちネタ」は、『マーサおばさんのティーカップ』という名前。

 

モノを手放せないクライアントにまつわるエピソードを素材にして
まとめた話のようです。

 

 

「全てのオーガナイザーは、もらいモノを手放したがらないクライアントを
 体験しています。

 

 彼らはまさしく、自ら作り出した『罪悪感ストーリー』のために身動きが
 とれないでいます。

 

 

 よくあることですが、彼らはおかしなことに、そのもらいモノが
 本当は好きではないのです。

 

 そして、くれた人に対してさえ、好意を持っていないこともあるのです 」

 

 

これは片づけが得意な人が、片づけが苦手な人を理解できない例の中でも、
典型例のひとつですね。

 

何度か、こういう人と接していると「そんなものかな」と受け入れられるように
なりますが、慣れないうちは面食らいます。

 

 

自分が好きでもない「もらいモノ」。なんとなく「くれた人に悪いから」という
理由で、いつまでも手放すことができない。

 

別に、くれた人と特別な思い出があったり、大好きな人だから、という
理由があるわけでもない。

 

 

片づかないクライアントと接する経験をある程度積むと、こういうタイプに
「なぜ捨てないの?」と詰め寄っても効果がなく、無力感を感じるだけなんだと学習します。

 

 

でも、放っておくだけでよいのか。
片づけサポートが一歩も前に進まないままで、よい訳がありません。

 

 

そこで、マーサさんの「持ちネタ」の登場になりますが、
続きは次回に。

 

 

吉島智美(2013/09/16+加筆)


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その7)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラムの
7回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍するキャスリン・ゴールデンさんのコラムから
引用してご紹介しています。

 

 

前回は、ゴールデンさんがクライアントを和ませる必殺のツールとして
何度も用いているという「ホンモノの執行猶予通知」の話が出ましたが、
今回はその続きです。

 

 

「『執行猶予通知』には、部屋がひどい状態になった経緯に、彼らが
 二度と罪悪感を抱かないようにする効果があります。

 

 出所通知のカードが届きました。

 現在は窮地を脱しています。

 許可証は交付されました。

 神はお赦しになっています」

 

この「執行猶予通知」はゴールデンさんにとって、過去の罪は問いません、

大事なのはこれからですよ、というメッセージをクライアントに伝えるための、

象徴的なツールなのでしょう。

 

 

我々には少しわかりにくいですが、そもそも「死刑」と「執行猶予」とでは、
天と地ほども重さが違います。

 

 

訴訟の多いアメリカでは、特にその違いが直感的に伝わりやすいのでは
ないかと思います。

 

 

これまで散らかしてきたことへの罪悪感を和らげ、大事なのは
これからだということを、この書面を見ただけで理解出来るという
ことで、かなりパワフルなツールになっているようです。

 

 

「これまでに、この執行猶予通知を見て笑わない人、そして罪悪感を
手放せない人
は一人もいませんでした。

 

 そして、ガラクタの処分が進むようになるのです。

 

 少なくともその時は象徴的に、でも後で文字通り、そうなります。

 

 私たちは一緒に笑います。

 

 クライアントは、大きく息を吐きます。

 

 このプロセスによって、作業をどう進めていくかが決まるのです」

 

自分が汚部屋を作り出してしまった過去にこだわると、「またやるのでは?」
という不安や恐れがつきまとい、本当にその恐れが現実化してしまいます。

 

ゴールデンさんの魔法のツール第一弾は、ネガティブな過去との決別を
クライアントに促すだけのインパクトを伴っているのでしょう。

 

過去へのわだかまりを手放してこそ、これからの自分に意識をフォーカスできる。

 

単なるお笑いネタでなく、人のメンタルの仕組みをよく理解し、
プラスに働きかける効果をよく計算して使っているツールだということが分かりますね。

 

 

次号では、ゴールデンさんの魔法のツール第二弾をお伝えします。

 

 

 

吉島智美(2013/08/11+加筆)


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その6)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラムの
6回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍するキャスリン・ゴールデンさんのコラムから
引用してご紹介しています。

 

「いかにして汚部屋状態に、またはカオス状態になったのか、クライアントが
 説明をし始めたり、ストーリーを語り始めることがあります。

 

 そのとき私は、彼らが抱えていたフラストレーションに
 100%共感しているんですよ、正直言って。

 

 私にも、いえ誰だって、それぞれの問題があるんです」

 

 

クライアントが、汚部屋になったことの説明やストーリーを語り出す。

 

お片づけの現場やカウンセリングでよくある光景ですが(いわゆる『言い訳』?)、
その段階では否定せずに「うんうん」と話を聞いてあげるのが基本です。

 

ゴールデンさんはその時、適当に話を合わせるだけでなく、心から共感している、
と言っています。

 

必ずしも片づけの問題ではなくても、自分が抱えている問題を思い返せば
共感することができる、といった書き方ですね。

 

 

プロ側は、片づけについては困っていません。片づけに悩むクライアントの
前に立つとき、彼らの苦しみには共感できないです。

 

 

昔は悩んでいた、という「克服型」だったとしても微妙です。
現在は、片づけられないことに苦しんでいないわけですから。

 

かといって、全く共感できないわけではありません。

 

ゴールデンさんが示唆しているように、プロ側も現在直面している悩みや問題のことを
思い出すことで、気持ち的にクライアントに寄り添うことが可能になります。

 

 

話がそれました。続きです。

 

 

 

「それから私は手を止め、微笑んで、左右を見渡し、静かにささやきます。

 

 『実は、見せたいモノがあるわ。たまたま持っているの。あなたツイてるわよ』

 

 私はバッグの中に、『州知事発行:執行猶予通知』(法王の特免状と私は呼んでいる)を
 忍ばせておいたのです」

 

この、知事が送ってきたという「執行猶予通知」が何を指しているのか、英文を
訳しただけでは具体的に分からなくて悩ましかったです。

 

文脈から、恐らく法律上相当インパクトのある、かなり深刻でリアルな通知を
ゴールデンさんがなぜか持っていて、そのヤバい書類の現物(もしくは複製)を
見せているのではないかと推察されます。

 

問題の単語reprieveは特に死刑の執行猶予を指す場合が多いことから、
「死刑の執行を猶予します」的な重い意味のある書類を見せた、
程度のニュアンスで受け取ると、文脈が繋がるのではないかと思います。

 

部屋を汚部屋状態にしてしまったと罪悪感を抱くクライアントに対し、これを
見せることで「あなたの罪を猶予します、許します」と暗に伝えているのでは
ないでしょうか。

 

 

ちょっとブラックだけど、インパクトのあるジョークとして。

 

吉島智美(2013/08/11+加筆)


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その5)

今回は「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラムの
5回目となります。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍するキャスリン・ゴールデンさんのコラムからの
引用です。

 

 

「(中略)9年間の探求の結果、多くの『魔法のツール』を作りました。

 

単純で、気軽で、ジャッジしないツールの数々、これから皆さんに、
私が試してきた魔法のツールのうち4つをご紹介します。

 

 

ストーリーのプロセスを楽しんで下さい。

そしてぜひ応用して下さい。

 

 

私の話は、あなた自身の魔法のツール・バッグを形作るための、
良いサプリメントにもなるかもしれません」

 

 

ゴールデンさんの魔法のツール、元のコラムには“virtual tools”と書いて
あったのですが、「仮装ツール」ではピンとこないので意訳しました。

 

 

要するに、クライアントの笑いを誘い、片づけに対する重い気持ちを
クリアにして頭を切り換えるための「小道具」がいくつかある、
という意味のようです。

 

 

それは、実物をカバンに入れて持ち歩いていたり、モノではないにしても
モノが絡んだエピソードであったりします。

 

 

よくある「片づけられない要因・状況」と関連性を有する、
いわゆる「持ちネタ」のレパートリーを持っていて、ぴったりの
シチュエーションでネタを披露できるよう普段から準備しているようです。

 

 

次回以降、ゴールデンさんの持ちネタをいくつかご紹介します。

 

ただ日本人の笑いのツボと必ずしも一致するとは限らないので、
芸人的な「お笑いネタ」を想像されてしまうと、紹介者として少し
困ってしまいます。

 

 

スムーズに読めるよう意訳気味に書くようにしますが、お笑いでなく、
「あるある」ネタや「なるほど」系の話と捉えてくださいね。

 

 

吉島智美(2013/07/09+加筆)


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その4)

当コラムでは毎回、アメリカのプロフェッショナル・オーガナイザーによる
レポートをお届けしています。

 

今回は「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」と題する
コラムの4回目。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍するキャスリン・ゴールデンさんのコラムからの
引用です。

 

 

「カオスのような状況の中に、ユーモアを見出せるようクライアントを導くと、
 まるでロケット燃料をジェットエンジンに注入したみたいになります。

 

 クライアントは、本当に飛び立ちます。 急上昇します。 そして着地が必要に
 なっても、障害物がない滑走路をすぐに見つけるのです」

 

 

笑いが、クライアントの状況を劇的に改善する。

 

その様をゴールデンさんなりの表現で現しています。
大げさなようですが、実は内容が深いと感じました。

 

 

前回も似たくだりがありましたが、それまで悲観と絶望の対象でしか
なかった「汚部屋」が、一転して笑いの対象として見られるようになると、
あらゆる面で好転します。

 

 

部屋のひどい状態、なぜか残っていたガラクタ、そしてそれを残していた自分も、
おかしくて仕様がない。

 

 

「片づかない」問題なんて、どうでもいいように感じられ、モノに対する執着も薄くなる。

 

 

どよんと気が重くなる片づけが、楽しいお片づけになるのです。

 

 

私の片づけサポート事業でも、常に意識しているのはこの「笑い」です。
(テレビ朝日「住まいのダイエット」をご覧になっている方は、気づいているかもしれません)

 

お客さんとの信頼関係が築かれた後、お片づけ作業中に、
ちょっとしたツッコミや冗談を間に入れることで(それも短く、リズムよく)、
場の雰囲気が楽しいものに変わるという経験を何度もしています。

 

 

「TOMOさんと片づけしてると、何だか楽しくなっちゃってはかどるのよね。

 自分ひとりだと、相変わらずなんだけど」

 

 

お客さんからも、そんな感想を頂きます。

プロが立ち会うことで「つらい片づけ→楽しい」となるのであれば、
そして片づけがはかどれば、クライアントにとり有意義な時間になっているはず。

 

 

提供するサービスについて、費用対効果も高いと感じていただけるはずです。

 

 

吉島智美(2013/07/09+加筆)


クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その3)

当コラムでは毎回、アメリカのプロフェッショナル・オーガナイザーによる
レポートをお届けしています。

 

今回は「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」と題する
コラムの3回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍するキャスリン・ゴールデンさんのコラムからの
引用になります。

 

ユーモアが、お片づけにどんな役割を果たすと思いますか?


あくまで私の意見
ですが — すべてです。

 

 私は仕事中ずっとクライアントと話したり、片づけたりしていますが、その間、
 彼らは絶えず若干の罪の意識があるか、ガラクタにまつわる不安を恐れています

 

クライアントが、お片づけ作業中に罪悪感に囚われたり、不安感を抱いていたりする、

という意見には全く同意します。

 

どうして散らかしちゃったんだろう、何で同じような物をいっぱい買っちゃった
んだろう、ちゃんと片づくだろうか、そもそも、片づけのプロを呼ばなきゃいけない
自分って、人としてどうなんだろう。

 

片づけ作業中は、様々な罪の意識や不安感に囚われる機会が何度もあります。

 

皆さんも、作業中に時折、彼らが罪悪感や不安感について話したり、
 表情に現れるのに気づいていると思います。

 

 時として、クライアントは実際にそういった感情を持ち出します。


そして、あなたは彼ら
の感情の重さをストレートに感じるでしょう。


まるで病気みたいですが、私は
彼らに、気持ちをラクにして欲しいと考えています 」

 

文中に「感情の重さ」とありますが、クライアントがだんだんブルーになっていくと、
モチベーションが失われる恐れもあります。

 

そんな状況で、一部に笑いの要素があると、「やる気」の方向へと導くことができ、
片づけ作業がはかどるようになります。

 

なかなかの上級テクニックですが、ゴールデンさんのコラムからヒントをつかんで
いただけたら、と思います。

 

次回から、もう少し具体的な話に移っていきます。

 

吉島智美(2013/06/07+加筆)


PageTop