お知らせ

子供の「紙モノ」整理のコツ(その10)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の10回目です。

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法「3Dシステム」について語るコラム。

今回は、2番目のD「Deposit(預ける)」の説明、ラストの4回目です。
「Deposit」の、注意点の続き。
次第に3番目のD「Discard」を意識した内容となってきます。

 

「子供が雑誌を定期購読しているなら、それを読み終えたら、学校へ持っていって
 クラスメイトとシェアすることを勧めるよう、お母さんに提案してください。

 子供が雑誌を集めたいのなら、専用の箱を購入し、ラベルをつけてください。
 子供がバックナンバーを1ケ所にまとめて保管できるようにします」

 

最後は、雑誌関係についてのコメントです。

読み終わった雑誌を学校に持っていく、というのはいいアイディアですね。

読み終わったら友達に回してあげれば学校で喜ばれるでしょうし、
共通の話題も増えそうです。

一人だけで楽しむのではなく、友達とシェアする楽しみを教えることにも
繋がりますしね。

日本でこれをやり、学校側に受け取ってもらえるか、は微妙でしょうが、
寄付したりシェアしたり、が一般的なアメリカなら、有効な手段と言えます。

 

また「Deposit(預ける)」の目的は保管ですが、在庫というか、持ち物の
管理ができるようになることも、目的の一つになります。

楽しく持ち物の管理ができるよう、バックナンバーに対して専用の箱や
ラベルをあてがってあげると、在庫管理が分かりやすくできる上に、
教育的効果も期待できそうです。

次回に続きます。

 

吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その9)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の9回目です。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法「3Dシステム」について語るコラム。

 

今回は、2番目のD「Deposit(預ける)」の説明、3回目になります。
「Deposit」の、注意点の続きです。

 

「見学旅行のしおりなどは、時間と場所をカレンダー上に記録することで
  処分できる場合もあります。

 

  もう一つの考えは、壁にくぎ打ちし、ハンギングタイプの蛇腹ファイルを
ぶら下げ、その中に子供専用のラベル付きファイルを入れる方法
です。

 

  この方法なら、迅速かつ簡単にお目当ての書類を見つけられます。

 

  しかし忘れてはならないのは、必要がなくなったら、書類を捨てなくては
いけ
ないこと。   そうでないと、3Dシステムはうまくいきません。」

 

「Deposit」の説明、後半は次の「D」、「Discard(捨てる)」を意識した内容に
なっていますね。

 

いくら子供が「全部取っておいて」と言ったとしても、保管できるスペースは
限られているわけですから、どこかで見切らなくてはいけません。

 

子供のモノは何ひとつ捨てられない、というクライアントもいますが、
用のなくなった紙モノのうち、処分できるものは手放していかないと、
あっという間に家中に溢れてしまいます。

 

その点をくぎ刺すようなコメントも含まれていますね。

 

前回のコラムで、決して捨ててはいけない、と書いていますが、
それは、思い出深い記念のメッセージ系のものに限られます。

 

社会科見学のしおり、学校からのイベント系のお知らせなどは、
よほどの思い出がない限り、不要になったら捨てて良いものです。

 

捨てて良いものまで、いつまでも残していたら、あっという間にモノであふれる。
なので、捨てていいモノは、すかさず捨てる。
を、習慣化する必要があるんですね。

 

次回に続きます。

 

吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その8)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の8回目。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法「3Dシステム」について語るコラムを紹介しています。

 

今回は、2番目のD「Deposit(預ける)」の説明、2回目になります。
「Deposit」の、注意点が挙げられています。

 

「思い出深い紙モノ(特別なバースデー・カードや友だちからのメッセージ)は、
 親が預かるルールにすることはできますが、子供たちは捨てたがりません。

 

 『Deposit』では子供の名前のラベルがついた、大きな箱を使うといい具合です。

 

 前述の雑誌ホルダーがいっぱいになったら、中身をより大きな箱
 (地下や屋根裏などに保管)に移し、ホルダーを空にするようクライアントに
指示します。

 

 郵便物や、子供が持ってきた必要書類は、家族がよく通る場所に保管すべきです」

 

「たかが紙モノ」と言えど、子供にとって感情的に価値あるものが含まれています。

 

ただの紙屑と甘く見て、勝手に親やプロ側が処分してしまうと、
後々にクレームの対象になります。要注意ですね。

 

必要書類の預かり場所を、普段よく通る所にするのは大切ですが、
通行の邪魔になるので、容量は限られてしまいます。

 

その場合、別の保管箱を用意して、古くなったモノから順次場所を移し、
ストックしておくことを勧めています。

 

記憶に新しいモノをよく通る場所に置くのは「Display」と同じですが、
古くなったモノについては、地下や屋根裏部屋などの収納に置いてもよい
カテゴリーのようですね。

 

しかし、決して捨ててはいけないモノだということ、くれぐれもお忘れなく!

 

吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その7)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の7回目です。

 

リヴカ・キャロラインさんが考案した、子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の
整理方法について語ったコラムの紹介。

 

彼女は自らのノウハウを、「3Dシステム」と呼んでいます。

 

今回から、次のD「Deposit(預ける)」を説明します。

 

 

「次のカテゴリー『Deposit』は、子供たちの紙モノに安全な置き場所を確保する
 ためのものです。

 

 ファイリング前の見苦しい書類が山にならないよう、さっとしまえる場所か、
 または掲示できる場所を確保してあげてください。

 

 子供の名前をラベリングした、色違いの雑誌ホルダーを使うのも
 いい方法です。

 

 フタをあけたり、別の場所に持っていったりせずに、
 素早く預かることができます。

 

 紙モノの保管方法は、シンプルでわかりやすいほど効果的なのです」

 

前のカテゴリー「Display(見せる)」は子供に見せることが目的でしたが、
「Deposit」は大事な書類をなくさないよう、保管、預かることを目的とした
カテゴリーです。

 

子供の名前をつけた入れ物に突っ込んでもらうだけの、シンプルな方法を
選ぶことが、長続きする秘訣のようです。

 

子供たちは、必ずしも「片づけたい」とは思っていませんから、
「簡単さ」「わかりやすさ」が何より重要だ、という考え方は共感できます。

 

子供の年齢によっては、名前でなく、子供のお気に入りのシールなどを
貼ってもよさそうですよね。

 
吉島智美(2012/10/03+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その6)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の6回目です。

 

子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」の悩みを持つ主婦と多く接してきた
リヴカ・キャロラインさん。

 

自らの「子供紙モノ整理」のノウハウを、「3Dシステム」と呼んでいます。

 

今回までが、最初のD「Display」に関する説明です。
前回と引き続き、具体的な提案例の説明になります。

 

「子供が紙モノを仕分けできない場合、そして収納場所がない場合には、
 クライアントがちょっとした掲示ボードを作って、『作品』を展示するよう
 提案してください。

 

 または、作品の写真や、作品を掲げた『小さな芸術家』の写真を撮る
 ようにしましょう」

 

 子供の作品は親を感動させます。
 なんとなく全部とっておきたい、全部壁に貼っておきたい、と思って
しまいます。

 

 掲示すること自体は素晴らしいアイディアなのですが、ルールを決めて
おかないと無秩序になり、雑然としてしまう。

 

 そうならないよう、掲示する場所を限定し、定期的に入れ替えるのが
ここでのミソですね。

 

 掲示する場所が取れない場合、記念写真をとっておくことも勧めています。

 

「頂いたご招待のスケジュールや、来たるべきイベントを表示するには、
 様々な方法があります。

 
 忙しい家庭において、みんなのイベントを一緒に、一ケ所に提示しておくと、
土壇場のパニックを避けることができます。

 
 最もポピュラーな方法は、その週、その月の全てのイベントを掲示板に
表示することです。

 
 翌週、翌月に開催される他のイベントについては、『ご招待』とラべリング
したバインダーを近くに置くか、手帳や電子カレンダーに書いておきます」

 

 スケジュール管理については、個別ではなく家族全体の掲示板を作ることを
勧めていますね。

 

 確かに、全員が同じ掲示板を見れば、家族のイベントも忘れないでしょう。
直近のイベントのみをわかりやすく表示するのがポイントですね。

 

「スケジュール掲示板」があると一目瞭然で便利ですが、管理者がきちんとして
いないと難しいですよね。その週と、その月の用事に限定しておくという
やり方は、シンプルで誰にでも管理できるから優れていると感じます。

 
吉島智美(2012/08/31+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その5)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の5回目です。

 

子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」。
第3者にはゴミやガラクタにしか見えなくても、家族には宝物。
しかし「お宝」だからと全て保管していたら、家の中はカオスになるし

 

そんな悩みを持つ主婦と多く接してきたリヴカ・キャロラインさん。
自らの「子供紙モノ整理」のノウハウを、「3Dシステム」と呼んでいます。

 

最初のD「Display」に関する説明がしばらく続いています。
かなり効果的な手法だから補足説明も多いのでしょうが、
今回も、具体的な提案例の説明になります。

 

「壁面に大きな箱を並べる『Display棚』を設けると、使い勝手がいいですよ。
 それぞれの箱には子供の名前を書いたラベルがついていて、子供の
 手の届きにくい場所に置くようになります」

 

 キャロラインさんが言っている『Display棚』ですが、レポートに写真がありました。
マス目状のオープンな壁面棚に、色とりどりの大きいボックスがぴたりと収納されています。

 

 こういう箱は、子供用のおもちゃ箱として使われることがありますが、だんだん
重くなったり、出すとき全部ひっくり返すのが面倒です。

でも、紙モノなら軽くて煩わしくなくていいんじゃないかと思いました。

 

「掲示板がいっぱいになったら、子供にお気に入りの
 作品を2,3選んでもらい、ラベルをつけた箱に入れ、残りを捨てます。
 年末には、子供の大好きな作品で満たされるでしょう」

 

 掲示板に貼ってあった、お手紙や作品などの紙モノのうち、役目を終えたものの中から
印象に残るモノを子供に選ばせ、保管したいものは箱に入れておく。

 

 ルールが明快でいいですね。

 

 しいて難点を挙げるとすれば、選ばせる際、
小さい子だと「全部とっておきたい」と言いそうなことですかね。

 

 箱という子供の目にも明快な、容量の限界がありますから、
そこが一杯になった場合、因果関係がはっきりしているのが良いと思います。

 

 子供に決めてもらったり、子供と一緒にどれを処分するか考えるなど、
決断力や論理的な考え方を養う効果も期待できそうです。

 
吉島智美(2012/08/31+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その4)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の4回目です。

 

子供の成長と共に増え続け、制御するのに困っている主婦と多く
接してきたリヴカ・キャロラインさん。

 

自らの「子供紙モノ整理」のノウハウを、「3Dシステム」と呼んでおり、
前回は最初のD「Display」を紹介しましたが、今回はその続きです。

 

「子供に『見せる(Display)』のは、親にとっては単なる確認に過ぎませんが、
子供には非常に価値がある場合があります。

 

 クライアントに、見せたい書類や作品を提示する場所を選んでもらってください。
よく選ばれる場所は、廊下、寝室のドアの裏側などです。

 

 クライアントがどんな『掲示場所』を欲しいのか聞き出すよう導いて下さい。

 

子供たちに書類や紙モノを「見せる」ことは、親が考える以上に子供にとって大事だと
キャロラインさんは説いています。

 

子供のやる気、勇気づけにつながる「見せる」をクライアントに勧めるため、
具体的な場所や見せ方まで提案しています。

 

「ドア規模の大きな掲示板だと、雰囲気がフォーマルな掲示になりますが、
 押しピンのピンナップボードは裸足で歩きまわる場所に、採用しないよう留意します。

 

 カジュアルな掲示には、青いマスキングテープやシールタックを使ってください。
 壁やドアの上に直接紙を貼る場合、はがしてシールが残らないかどうか試します」

 
画びょうのピンナップボードは裸足で歩きまわる場所にはNG、など、内容が具体的ですね。

 
裸足生活が主流の日本の住宅では、画びょうの使用は難しい。
掲示方法のセレクトには気をつけたいですね。

 
次回に続きます。

 
吉島智美(2012/08/31+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その3)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の3回目です。

 

子供の成長と共に増え続け、制御するのに困っている主婦と多く
接してきたリヴカ・キャロラインさん。

 

自らの「子供紙モノ整理」のノウハウを、「3Dシステム」と呼んでいます
が、今回からいよいよ、このシステムの紹介に入ります。

 

まずは、最初のD、Display(見せる)の解説です。

 

「最初のカテゴリー『見せる』は、クライアントが子供を力づけたり、
子供に思い出してもらうためのアイテムです。

 

 たとえば『ごほうび』『テスト』『作品』の存在を『見せる』ことにより、
子供たちはスケジュール管理、そして達成感を思い出すことができます。

 

 そのうえ、彼らが忘れたくない、誕生パーティーなどのイベントの
招待状については、安全な保管場所が必要です」

 

 

最初のカテゴリー「Display(見せる)」ですが、
このカテゴリーの目的は、キャロラインさんによれば、2つあります。

 

子供にスケジュールを意識してもらうため、「お知らせ」的な情報が
記載されたプリントを、子供の目につくところに置くことがひとつ。

 

それに加えキャロラインさんは、もう一つの目的として、

子供のモチベーションを維持したり、子供を勇気づけたりするため、
『ごほうび』や『テスト』、『作品』などを見せることも含んでいます。

 

ここでは、時間管理のためだけでなく、子供のメンタル管理の要素も
含めているところがユニークだと思いました。

 

この「Display」カテゴリーの説明ですが、なかなか深いものがあります。

 

次回、もう少し詳しく触れていきます。

 

吉島智美(2012/08/08+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その2)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の2回目です。

 

書類の整理は大人にとっても悩ましいものです。

 

しかし子供にとっては、ただの紙くずが記念品になったり、
成長記録になったりと、大人とは異なる意味合いを持ちます。

 

第3者にはゴミにしか見えないものが、家族にとっては宝物。
お片づけのプロにとっては、要警戒レベルの高いカテゴリーです。
きちんと戦略を立てて、対処する必要があります。
 
 
では、キャロラインさんの分析を見てみましょう。
彼女はまず紙の分類に明確なルールを設けることを勧めています。

 

「クライアントはあなたに、シンプルな方法でペーパートレイルを
コントロールできるよう、依頼するでしょう。

 

次に書く方法が、最も単純な解決法です。
 


クライアントの家に入ってくる、いかなる子供関連の書類も、
以下の3つのカテゴリーの1つに分類されなければなりません

 

Display(見せる)、Deposit(預ける)、またはDiscard(捨てる)。
 

この3Dシステムは覚えるのが簡単で、クライアントと認識を
共有するのに役立つツールとなります」

 
 
 仕分けの種類を3つに限定する、というのはいいアイディアですね。
 
しかも頭文字が3つとも「D」ということで、覚えやすい分け方です。

 
ファイリングなどの場合、たくさんの見出しを作る方法もありますが、
片づけが苦手な人や子供には難しすぎることがあります。
 

大人にも子供にも理解しやすいので、カテゴリー数を限定した分け方は
好ましいのですが、問題はどう分けるかがポイント。
 

さて、3Dシステムとは、どんな分類法なのでしょうか。
 
次回は最初のD、Display(見せる)の解説をしていきます。

 
 
吉島智美(2012/08/08+加筆)


子供の「紙モノ」整理のコツ(その1)

当コラムでは、毎回アメリカのオーガナイザーによる興味深い
レポートをお届けしています。

 

今回のテーマは「子供の紙モノ整理のコツ」です。

 

大人にとっても、増殖する「書類」関係の整理は頭の痛いものですが、
子供が次々と生み出す「紙」は、背後に子供の成長や思い出、
学習など、大人とは違う事情があり、処分に悩むものです。

 

そのあたりの背景は日本もアメリカも同じ。
日本のお片づけのプロも、クライアントに色んな提案をしていますが、
かの国でも、プロが果敢に難しいテーマにトライしています。

 

アメリカのオーガナイザーの中には、自らの片づけのノウハウを
短い言葉でまとめる人も多いのですが、

 

今回の筆者リヴカ・キャロラインさんは、自らの
「子供紙モノ整理」のコツを、「3Dシステム」と命名しています。

 

果たして、どんなノウハウなのでしょうか?

今回よりじっくり見ていきたいと思います。

 

「就学前のくしゃくしゃな紙の一握りから始まり、
 子供たちは巣出つまでの間、
 フルタイムの『紙発生器』であるといえます。

 

 メモ、テスト、宿題、アートワーク(作品)、雑誌、古い学習帳、
 招待、写真、キャンプの歌本と、記憶すべきモノは、
 どんどんたまっていきます。

 

 家中、そして彼らの部屋に、ペーパートレイル(紙の形跡)が
 残されます。

 

 『紙との戦い』をコントロールすることは難しくなっていくでしょうし、
 親や子供がすぐに特定の紙モノを見つけるのは、至難の業となる
 でしょう」

 

子供関連の紙モノが、どんどん増えていき、そしてそれらが
容易に捨てられないモノだということが、よく伝わりますね。

 

「紙との戦い」とは大げさに感じますが、それくらいの覚悟でいないと
紙にいいように振り回されるってことですね。

 
次回以降、まずは紙との戦いの「仕組み」について、キャロラインさんの
メソッドを紹介していきます。

 

そして最初の「D」についても解説します。

 

吉島智美(2011/08/08+加筆)


PageTop