子供の「紙モノ」整理のコツ(その5)

海外コラム「子供の紙モノ整理のコツ」の5回目です。   子供の成長と共に増え続ける「紙モノ」。 第3者にはゴミやガラクタにしか見えなくても、家族には宝物。 しかし「お宝」だからと全て保管していたら、家の中はカオスになるし   そんな悩みを持つ主婦と多く接してきたリヴカ・キャロラインさん。 自らの「子供紙モノ整理」のノウハウを、「3Dシステム」と呼んでいます。   最初のD「Display」に関する説明がしばらく続いています。 かなり効果的な手法だから補足説明も多いのでしょうが、 今回も、具体的な提案例の説明になります。   「壁面に大きな箱を並べる『Display棚』を設けると、使い勝手がいいですよ。  それぞれの箱には子供の名前を書いたラベルがついていて、子供の  手の届きにくい場所に置くようになります」    キャロラインさんが言っている『Display棚』ですが、レポートに写真がありました。 マス目状のオープンな壁面棚に、色とりどりの大きいボックスがぴたりと収納されています。    こういう箱は、子供用のおもちゃ箱として使われることがありますが、だんだん 重くなったり、出すとき全部ひっくり返すのが面倒です。 でも、紙モノなら軽くて煩わしくなくていいんじゃないかと思いました。   「掲示板がいっぱいになったら、子供にお気に入りの  作品を2,3選んでもらい、ラベルをつけた箱に入れ、残りを捨てます。  年末には、子供の大好きな作品で満たされるでしょう」    掲示板に貼ってあった、お手紙や作品などの紙モノのうち、役目を終えたものの中から 印象に残るモノを子供に選ばせ、保管したいものは箱に入れておく。    ルールが明快でいいですね。    しいて難点を挙げるとすれば、選ばせる際、 小さい子だと「全部とっておきたい」と言いそうなことですかね。    箱という子供の目にも明快な、容量の限界がありますから、 そこが一杯になった場合、因果関係がはっきりしているのが良いと思います。    子供に決めてもらったり、子供と一緒にどれを処分するか考えるなど、 決断力や論理的な考え方を養う効果も期待できそうです。   吉島智美(2012/08/31+加筆)
PageTop