クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その3)

当コラムでは毎回、アメリカのプロフェッショナル・オーガナイザーによる
レポートをお届けしています。

 

今回は「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」と題する
コラムの3回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍するキャスリン・ゴールデンさんのコラムからの
引用になります。

 

ユーモアが、お片づけにどんな役割を果たすと思いますか?


あくまで私の意見
ですが — すべてです。

 

 私は仕事中ずっとクライアントと話したり、片づけたりしていますが、その間、
 彼らは絶えず若干の罪の意識があるか、ガラクタにまつわる不安を恐れています

 

クライアントが、お片づけ作業中に罪悪感に囚われたり、不安感を抱いていたりする、

という意見には全く同意します。

 

どうして散らかしちゃったんだろう、何で同じような物をいっぱい買っちゃった
んだろう、ちゃんと片づくだろうか、そもそも、片づけのプロを呼ばなきゃいけない
自分って、人としてどうなんだろう。

 

片づけ作業中は、様々な罪の意識や不安感に囚われる機会が何度もあります。

 

皆さんも、作業中に時折、彼らが罪悪感や不安感について話したり、
 表情に現れるのに気づいていると思います。

 

 時として、クライアントは実際にそういった感情を持ち出します。


そして、あなたは彼ら
の感情の重さをストレートに感じるでしょう。


まるで病気みたいですが、私は
彼らに、気持ちをラクにして欲しいと考えています 」

 

文中に「感情の重さ」とありますが、クライアントがだんだんブルーになっていくと、
モチベーションが失われる恐れもあります。

 

そんな状況で、一部に笑いの要素があると、「やる気」の方向へと導くことができ、
片づけ作業がはかどるようになります。

 

なかなかの上級テクニックですが、ゴールデンさんのコラムからヒントをつかんで
いただけたら、と思います。

 

次回から、もう少し具体的な話に移っていきます。

 

吉島智美(2013/06/07+加筆)


PageTop