クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その8)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラム、
8回目です。

 

カリフォルニア州デルマーで活躍、キャスリン・ゴールデンさんのコラムから
引用してご紹介しています。

 

今回からは引き続き、常々「笑い」を意識しているゴールデンさんの
クライアント「笑わせネタ」パート2の話になります。

 

今回の「持ちネタ」は、『マーサおばさんのティーカップ』という名前。

 

モノを手放せないクライアントにまつわるエピソードを素材にして
まとめた話のようです。

 

 

「全てのオーガナイザーは、もらいモノを手放したがらないクライアントを
 体験しています。

 

 彼らはまさしく、自ら作り出した『罪悪感ストーリー』のために身動きが
 とれないでいます。

 

 

 よくあることですが、彼らはおかしなことに、そのもらいモノが
 本当は好きではないのです。

 

 そして、くれた人に対してさえ、好意を持っていないこともあるのです 」

 

 

これは片づけが得意な人が、片づけが苦手な人を理解できない例の中でも、
典型例のひとつですね。

 

何度か、こういう人と接していると「そんなものかな」と受け入れられるように
なりますが、慣れないうちは面食らいます。

 

 

自分が好きでもない「もらいモノ」。なんとなく「くれた人に悪いから」という
理由で、いつまでも手放すことができない。

 

別に、くれた人と特別な思い出があったり、大好きな人だから、という
理由があるわけでもない。

 

 

片づかないクライアントと接する経験をある程度積むと、こういうタイプに
「なぜ捨てないの?」と詰め寄っても効果がなく、無力感を感じるだけなんだと学習します。

 

 

でも、放っておくだけでよいのか。
片づけサポートが一歩も前に進まないままで、よい訳がありません。

 

 

そこで、マーサさんの「持ちネタ」の登場になりますが、
続きは次回に。

 

 

吉島智美(2013/09/16+加筆)


PageTop