クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放(その10)

「クライアントを笑わせよう。 罪悪感と恐れからの解放」コラム、 10回目です。   カリフォルニア州デルマーで活躍、キャスリン・ゴールデンさんのコラムからの 引用です。   前回に続き、常々「笑い」を意識しているゴールデンさんのクライアント「笑わせネタ」 パート2話の続きになります。   『マーサおばさんのティーカップ』発動後のリアクションはどんなものでしょうか?   「私がこの話をすると、クライアントはいつも相づちを打ち、 笑いながら大きくうなずきます。    そして私は、例の執行猶予通知がまだ効力を有することを彼らに保証します。    通知は、彼らをガラクタの山から解放するための扉をこじ開ける、 バールのようです」     執行猶予通知。 前々回から言及している、「過去の罪は問わず、これからを大事にしよう」と感じさせて くれるツールのことですが、ここでもマーサおばさんに対する罪悪感を手放すのに 一役かってくれます。   この免罪符によってクライアントは、使わないティーカップを押しつけてきた 「彼女自身にとっての」マーサおばさんに対する、苦手意識が混じり合った 罪悪感を手放すのでしょう。     「そして私とクライアントは、他の多くの雑多なモノと一緒になっているマーサおばさんの ティーカップを引っ張りだし、ベストな置き場所について話し合い、 答えを見つけるのです。    この手順で進めると、うまくいきます」     免罪符だけでは効かない場合、こういったエピソード系のネタと合わせ技にすることで、 相手が納得しやすくする。   ゴールデンさんが複数のネタを自由に組み合わせて、相手に真意が伝わるように していることがよく分かります。       次回、ゴールデンさんの魔法のツール、第三弾を紹介します。     吉島智美(2013/09/16+加筆)
PageTop