クライアントを元気づける技術とその方法(その1)

当コラムではアメリカのオーガナイザーによるレポートを紹介しています。

今回からのテーマは、お片づけのプロには必須のスキルと考えられる、
「クライアントを元気づけ、安心させる技術」です。

 

単なる技術と考えると危険な側面もありますが、お片づけの現場に今回のテーマを
意識しながら入ると、クライアントと良好な関係を構築することが出来ます。

 

 

アリゾナ州ツーソンで、「クラター・バスター」として活躍している、
パム・ロウシャーさんのコラムから引用していきます。

 

 

お片づけの現場では、散らかっている部屋の現状ばかりに目が行きがちですが、
お客様の抱いている思いや、不安感にも留意しないといけません。

 

部屋ではなく、人を見るというアプローチでいた方が、現場仕事が円滑に進みます。

 

 

今回からのコラムは、クライアント対応という面で参考になる知恵が
たくさん含まれていますので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

ロウシャーさんのコラムは、まず、ほとんどのお片づけのプロが現場で体験している、
お客様とのやりとりから始まっています。

 

 

「声に出す、出さないは別として、片づけ現場ではオーガナイザーに対し、
 多くのクライアントがこんな問いかけをしています。

 

『あなたがこれまで関わった中で、うちが一番ひどいんじゃないの?』」

 

 

「うちが一番ひどいんじゃないですか?」は、お片づけのプロなら必ずと言って
いいくらい、客から聞かれたことのある言葉です。

 

アメリカでも日本でも、全く同じなんだと思うと笑ってしまいますね。

 

 

個人的には、こんなにひどいのよ、と自分の惨状をさらけ出して、
早くラクになってしまいたい、という気持ちの現れだと思っていますが、

 

それ以外の思いも含まれているのでは?というのが、ロウシャーさんの見方です。

 

 

次回に続きます。

 

吉島智美(2014/06/30+加筆)


PageTop