クライアントを元気づける技術とその方法(その2)

当コラムではアメリカのオーガナイザーによるレポートを紹介しています。

前回から、「クライアントを元気づけ、安心させる技術」をテーマとしています。

 

片づけサポートの現場に今回のテーマを意識しながら入ると、クライアントと
良好な関係を構築することが出来るでしょう。

 

 

アリゾナ州ツーソンで、「クラター・バスター」として活躍する、
パム・ロウシャーさんのコラムから引用しています。

 

 

前回は、クライアントが誤解していがちな

 

「どこよりも、うちが一番ひどいんじゃないの?」

 

についての言及がありましたが、今回はこの発言を掘り下げていきます。

 

 

「どのクライアントも、この問いかけの背後に、様々な感情や思い込みを
 抱いています。

 

 何人かは、あなたがもっとひどい家を見たことがあってほしい、
それなら安心できると思っています。

 

 羞恥心、恐れ、罪悪感や不安といった感情を抱いている人も
いるかもしれません」

 

同じ質問をしてくる人たちでも、内面に抱えている思いや感情は
人それぞれなんですね。

 

ある人は、「ひどいでしょ」と言いながらも、自分は最悪じゃないと言って欲しい。

またある人は、早めに懺悔することで自分の罪悪感から解放されたい。

 

単純に、自分の家が客観的に見てどういう状態なのかを知りたいだけ
なのかも知れません。

 

 

クライアントの言葉には色んな含みがある、とあらかじめ知っておくのも大切です。

私は、相手の言っていることを額面通りに受け取らないよう、少し含みをもって
受け止めることを心がけています。

 

 

相手の言葉の受け取り方と、それに対する対応次第で、相手を元気づけることも
できますが、逆にがっかりさせることもあり得るのです。

 

 

次回に続きます。

 

吉島智美(2014/06/30+加筆)


PageTop