講師プロフィール

yoshijima

吉島 智美(よしじま ともみ)

子供の頃より大好きだった「お片づけ」。2004年にそれまで携わってきた住宅設計の仕事を辞め、独自のやり方で「お片づけのプロ」としてスタート。片づけの仕事は自分の日常生活をそのまま活かせる、自然体で出来る楽しい仕事だと日々実感中。

しかし、今でこそ順調に進めているが、始めた当初は相談できる仲間もなく、全て一人で悪戦苦闘の汗と涙の毎日。その経験から、プロがお互いに切磋琢磨し、相談できる場を作りたいと考え2008年にJAPOを立ち上げ現在に至る。最近は、様々な人と出会える現場作業を中心に、そこで味わった感動や、現場で伝えた私の物に見方を、著書やコラム、雑誌など、文章で配信する事もライフワークの一環として取り組んでいる。

オーガナイザー(収納アドバイザー)TOMOが語る整理整頓の知恵

isogaya

磯ヶ谷ふき子(いそがや ふきこ)

インテリアカウンセラー natural design house代表
フリーのインテリアコーディネーターで心理カウンセラーでもある日本で初めてのインテリアカウンセラー。

インテリアに関する悩みのNO.1片づかないに対して「片づかないことより片づかないことで抱えているストレスの方が問題」という立場から、片づけのサポート、更に理想の部屋づくりまでをお手伝い。インテリアをもっと気軽に楽しんでもらえるために(一社)十人十色の部屋づくり推進会を設立し、日本初模様替えの資格「ルームスタイリスト認定講座」を全国で開催。

住まいに関わる仕事をする人に共感力やカウンセリングの心を伝えたいという熱い想いでお片づけやインテリアのプロの育成がライフワーク。人の中に見える輝きや美しさ、可能性や才能などを見つけ出すのが得意技。

公式サイト「インテリアカウンセラー磯ヶ谷ふき子の公式サイト」

higuchi

橋口 真樹子(はしぐち まきこ)

夫の渡米をきっかけに育児休職中だった会社を退職。8年間、家事・育児に専念しながらも自らの仕事復帰をあきらめられず、「出産、育児、配偶者の転勤など、何があっても女性がその時々のライフステージに合わせて続けられる働き方、主婦としての経験が糧になる仕事」を模索し続けた結果、お片づけの仕事に行きつく。

2006年に「整理収納アドバイザー」の資格を取得、翌年に起業。PTA活動や子供の習い事の役員もこなしながら、自宅セミナー、認定講座、お片づけカウンセリング&サービス、テレビや雑誌の取材協力など、多岐にわたって活動中。

自らの体験を通して「整理収納のスキルは全ての家事のベースであり、家事・育児をこなしながらもやりたい事を実現したい女性の最強の味方」と再確認。「コミュニケーョンを大切にした幸せ家族のお片づけ」や「女性ならではの柔軟な働き方」を、自らも実践しながら発信している。

幸せな毎日のための「整理力」


PageTop