第一ステージ 第3回「コミュニケーション」への感想

  • ミラーボール質問法で先生のロールプレイを見せてもらえたのが、すごく勉強になった。
    (匿名希望)
  • 心理的な部分で自分が抱えていること、立ち位置がよく分かりました。
    コミュニケーションでは、いろいろな対応が必要で頭を柔らかくする事が大切ですね。
    ロールプレイは、頭が真っ白になりましたが、楽しかったです。
    (S・Eさん)
  • 4つのモデルの考え方がためになった。今やっている事が間違っていなかったと思えた。
    (W・Nさん)
  • コミュニケーションではどこを目指すのかがためになった。
    (K・Mさん)
  • 質問する事は、相手にとって悪い気はしないという事がわかった。質問する立場の時は、いろいろと気をつかったけど、質問された時は、嫌な気がしなかった。
    (N・Kさん)
  • 今回のセミナーの内容は全て役に立った。相手とのパワーバランスは楽しかった。
    (H・Yさん)
  • お互いに引っ張り合う事、自分の正しさを疑う事、姉御、管理者タイプなので、スキルで解決しがちというところに納得。今まで以上に意識して対応しようと思った。
    (W・Eさん)
  • 4つのモデル、7つの質問について、なるほどと思いました。うなずく事がたくさんで、今後、意識したいと思いました。実際、ロールプレイをやってみて、導き方やその裏に隠されている心理や家の様子を知るという奥深さを感じました。
    (I・Hさん)
  • 4つのタイプの話は、人と関係を考えるうえでとても参考になりました。
    (M・Kさん)
  • 主人との関係についても良くなりそうで、すごくためになったし、実践してみたいと思います。解決の糸口をつかめた気がします。
    (T・Mさん)
  • 引っ張り合いではうまくいっていないことが分かりました。それに対する対処方法のヒントを頂けた事が良かったです。ブレないことは、頑なになるのではなく、相手に寄り添いながらも、自分を持つことであることが良くわかりました。
    (T・Kさん)
  • お互いに認め合うということが良いということは分かってはいるのですが、自分の意見をy伝える、Youメッセージではなく、Iメッセージをいう事が、大事だということがとても心に響きました。
    (S・Aさん)
  • クライアントの方とのコミュニケーションが無ければお片づけはできないと思っていました。それは当たり前のことであって、その中にも「力学」という事が働き、その事が大切であるという事が、丁寧な説明の中で理解できました。
    (F・Yさん)

PageTop